神戸高専写真部ブログ

神戸高専写真部のウェブ活動日誌です

どうも。またしても写真部会計のMr.Horseです。台湾旅行が終わって日本に戻ってきた当日に、竹田城跡を見に行きました。竹田城跡は、天空の城や日本のマチュピチュとも呼ばれており、竹田城跡を取り囲む雲海によって、神秘的な風景を形成しております。

午後7時に学校を出発して、竹田駅に着いたのが午後9時半。どこか適当なところで野宿する予定だったので、しばらくあたりをぶらぶらしました。
DSC_0020_filtered


よさそうな場所が見つからず、結局竹田城跡の撮影スポットである立雲峡へと向かうことにしました。立雲峡には駐車場があるのですが、車が多すぎて道路へとあふれ出す始末。ちなみに、ここに到着した時点で午前0時半でした。
DSC_0037_filtered

DSC_0040_filtered


そこから、さらに30分ほど一人で真夜中の山道を登る恐怖を味わいながら第一展望台へと到着。かなり早く着いたつもりでしたが、すでに2人ほどスタンバイしていました。展望台からは町の明かりが見えました。
DSC_0051_filtered


この時点で午前1時半、特にすることがなかったので夜空を撮ってました。この辺りは明かりが少ないので、星がはっきりと見えます。
DSC_0058

DSC_0076_filtered


午前3時半ごろになると、竹田城跡のライトアップが行われました。
DSC_0085_filtered


午前4時半、町に霧が立ち込め始めました。夜明け前の霧は、11月上旬頃にしか見られないようです。
DSC_0096_filtered


午前5時半頃空が明るくなりはじめ、霧の量も多くなってきました。
DSC_0098


午前6時過ぎになると、すっかり夜が明け、竹田城跡の全貌が見えてきました。
DSC_0110_filtered


ここで竹田城跡にズーム。向こうにも多くの観光客がいるのがわかります。
DSC_0136_filtered


雲海の出るピークは、明け方から午前8時までだと言われています。午前7時まで立雲峡に残って撮影を行い、帰宅しました。
DSC_0131_filtered



今回の旅行でしたが、最低気温が4度と非常に寒かったです。途中で凍え死ぬのではないかと何度も思いました。しかし、その寒さがどうでもよくなるほどの素晴らしい景色を見ることができて感無量でした。まさに天空の城と呼ぶのにふさわしい景色でした。竹田城跡の雲海は常に見られるわけではなく、9月〜12月の早朝晴れの日、さらに昨日の夜との温度差が大きい場合にしか発生しないようです。運が悪いと雲海が見られないまま下山することになるのですが、今回、私は非常に天候に恵まれておりました。今回は立雲峡からの撮影を行いましたが、また機会があれば、今度は竹田城跡に上って写真を撮りたいと考えております。
本当に、来て良かった。






どうも、写真部会計のMr.Horseです。先週、学校行事で台湾旅行に行ってきました。

関西空港で飛行機に搭乗。
DSC_0002


雨雲を抜けると、そこには白い台地が広がっていました。
DSC_0010


三時間ほどで桃園空港に到着し、そこからバスに乗って台北101へと向かいました。
バスの中から台北市内の街並みが見えます。
DSC_0002_filtered


DSC_0011_filtered


途中で免税店に寄ったので、台北101に到着するころにはすっかり夜になっていました。
DSC_0041_filtered


台北101は101階もの高層ビルで、その高さは509.2mと、世界で3番目に高いビルとされています。
また、このビルのエレベーターは、世界一の上昇速度(60.6km/h)を持つエレベーターとして
ギネスブックに登録されています。
DSC_0017


せっかくなので登ってみました。最上階の窓からは台北市内の夜景が一望できます。
DSC_0021_filtered


ここで本日の晩御飯タイム。台湾名物のマンゴーシャーベットをいただきました。
DSC_0030


ここで1日目は終了。2日目の昼間は、孔子廟や保安宮などを巡りました。
DSC_0040

DSC_0041

DSC_0045

DSC_0046

DSC_0048

DSC_0051

DSC_0060

DSC_0065

DSC_0068


夜は、地下鉄に乗ってクラスメイト達と夜市に行きました。台北は、日本でいうところの東京のようなもので、特に駅周辺はかなり発達しています。
DSC_0051_filtered

DSC_0070_filtered


台湾の電車では、切符としてコインを使用します。
DSC_0053


土林夜市に到着。かなり大賑わいでした。
DSC_0060_filtered

DSC_0062_filtered


こうして2日目も終了。3日目は自由行動でした。昼間は台北のガイドブックに載っていた小籠包の店に行きました。
DSC_0089_filtered


夜は、台北市内でも最大と言われているゲームセンターに行きました。
DSC_0049_filtered


ゲームセンターには、日本の音ゲーが非常に多かったです。どうやら、台湾のアーケードゲームは音ゲーが主流のようですね。
DSC_0083_filtered

DSC_0084_filtered


こうして3日目も終了。翌日の早朝に荷物をまとめて日本に帰国しました。
今回が初めての海外旅行でしたが、台湾の様々な文化に触れることができました。水道の水が飲めなかったり、トイレットペーパーを流せないなど日本との相違点もあり、苦労することはありましたが、小籠包や酢豚など、美味しい料理をたくさん食べることができ、いろいろなものを日本より安い値段で買うことができました。また機会があれば是非とも行きたいです。







8/1~8/2に、1泊2日で家島へ夏合宿的な旅行へ行ってきました。
参加者は19人と去年より多いです。

姫路港から宿泊場所のある家島諸島の西島へ行く船は、前もって宿泊施設を通して連絡をした便でないと西島に寄港しない、というものだったので、遅刻者が出るのがとても怖かったのですが、さすがエリートな部員達です。遅刻者は0でした。

島にある桟橋で船から降りると、施設(いえしま自然体験センター様を利用しました)まで15分くらい歩いて移動しました。
宿で島での過ごし方について説明を受けたあとは、チェックインまで海で遊んだり写真撮ったり日陰で休んだり。携帯いじろうにもビーチの一部以外は圏外でつらかった....。(なので部のTwitterでつぶやいたりはできなかった)
008

003


泊まった場所。7人部屋5室連続アパートタイプのロッジ。004


またこの施設周辺では、カモやうさぎが放し飼いにされていて、ふらっと炊事場の方にいったりするとうさぎが平然とそこらへん草を食べてて笑った。001

002


夕方になると炊事場で野外バーベキュー。宿の方でも一部の食材をかっていましたが、前日に買った肉2kgももっていきました。
ナスとすき焼き用の肉を味噌といっしょに焼いたもの。006

チャーシューを家で仕込んでもってきた部員もいました。つよい。
005


バーベキューが終わると風呂にはいってロッジでゆっくり。島には消防署などがないため去年とは違い花火は禁止。なので部員は夜の砂浜にいったり、山道をあがって星を撮ったりしていました。
市街地もない離島なので、結構星が見えました。
010



2日目はまた海にいったり写真を撮ったり釣りをしたり日陰で将棋をしたりしたりしていました。
島の自然全体が観光場所です。昼ごはんは、ひやむぎやうどん茹でて食べました。

こんな感じで島の自然を満喫したり、青春っぽいことをしたりして過ごしました。

来年の夏は近代的な感じにしましょう。

↑このページのトップヘ