神戸高専写真部ブログ

神戸高専写真部のウェブ活動日誌です

どうも、紅ナメクジです。
先日、直後に再試を控えながら、懲りずに遠出してきたので書かせてもらいます。

青春18きっぷの力で四国に渡りました。

瀬戸大橋から。
S_6741381757006


S_6741381794302


S_6741381809182



高松に到着。
ここから船に乗って男木島へ向かうのですが、乗船券の販売が始まっていなかったので、周辺を散策。

高松城。
IMG_3114-1


堀は海水のようで、よく見るとたくさんのワタリガニが..........。
S_6741381822154-1

(ここ漁業権の対象外じゃね?)なんて思いながら、しばらく歩き回るさまを眺めていました。
まあ、なにかしら別の決まりで採れないでしょうね。

うどん。
S_6741381832716


港の待合所に大島青松園への行き方などが載っていた。

乗船し、男木島へ。
S_6741381851249


かもめ。
IMG_3151-1


IMG_3158



島側の職員さんは皆私服。
IMG_3215

女木島を経由し、到着。

男木島は瀬戸内国際芸術祭の会場として知られる島です。
2010年に動物写真家の岩合光昭氏が撮影に訪れ、島の猫たちを紹介したことで「猫の島」として有名になりました。
IMG_3217



男木交流館「男木島の魂」
IMG_3217

瀬戸内国際芸術祭2010の作品として作られたものです。

名物「ねこ」
IMG_3220-2

島を散策します。

先ず港から真っ直ぐ坂を登り、神社に向かいます。

豊玉姫神社。
IMG_3235

ご挨拶は大事。


ねこ
IMG_3226-1


IMG_3231-1


島の足として普及しているのか、至る所に農業用トラックが置いてあります。
IMG_3238


瀬戸内でよく見る感じの屋根ですね。
IMG_3240-1


IMG_3245


IMG_3249-1


重要。
S_6741381980345-1

ちなみに、ネコのエサやりも禁止です。

かつては「見るものは灯台しかない」と言われていた、由緒ある名所「男木島灯台」へ。
IMG_3276



事前情報をほとんど持たずに行ったので、案内看板を見てふらっと奇岩とやらの方へ。。。

普通に山でした。

タンク岩。
S_6741382076865



集落に戻ります。

観光客はエサをくれるものだと思い込んでいるネコ。
S_6741382115655


S_6741382157839


S_6741382173310


こちらも芸術祭の作品「歩く方舟」
S_6741382196902


S_6741382215327


タコ壺に頭を突っ込む。
S_6741382250323


S_6741382293099-1



港に戻り、帰りの船に乗ります。
S_6741381915680


今は亡き、地元の「たこフェリー」を思い出します。
S_6741382338735

たこフェリーは両頭カーフェリーでしたが。

S_6741382354640


船内用。
S_6741382321714


出港。
S_6741382309846



高松に着岸したフェリーにタンクローリーが。
S_6741382372768


ごそごそやってると思ったら、給油してました。
S_6741382386080

中からするのか。。。


帰りの岡山駅、ちゃっかりビックカメラにも寄ってきましたよ。
写真好き以前に機材好きなので、こればっかりは譲れません。
S_6741382405089-1

ツイッターの写真垢に機材以外の写真を載せたのは、いったいいつの話なのか。。。



最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。
男木と聞いてネコを期待された方、ネコ率少なくてすみません。
では、またの機会に。



行っちゃいなよ。
IMG_3257

どうも。
紅ナメクジです。

月の初めに青森に行って来ました。

伊丹から出発です。
S_6707014927208


IMG_2740-1


豊岡にでも行くんだろうと思っていたプロペラ機が、まさかの自分が搭乗する飛行機でした。
ハノイ --- ルアンパバン 以来だな。。。
S_6707014981137

しかも特別塗装機。

最近は少量輸送を多数行う方針のようで、燃費の良いターボフロップ機が主流に返り咲いているそうです。


ピトー管のせいで流体力学がヤバいことを思い出させられる。
S_6707015043310


S_6707015067515


S_6707015158246


大阪上空です。
S_6707015193422

最近は離着陸時でも電子機器が使えて良いですね。

おそらく県営名古屋空港。
IMG_2761


中部地方のどこかの山。
IMG_2766-1


プロペラ機は飛行高度が低く、さらにこの機体は主翼が胴体上部に付いているので、景色が撮りやすいです。
車輪写し込めるし。


青森では八甲田や奥入瀬渓流、十和田湖などへ。

萱野高原の茶屋。
S_6707015323183

健康茶で有名。

睡蓮沼。
IMG_2773

正面は高田大岳。

奥入瀬渓流。
IMG_2831


S_6707015612167


IMG_2884


S_6707015915162


渓谷にもかかわらず、川沿いに車が走れるほどの平地があるのが奥入瀬渓流の特徴です。
S_6707016167118



十和田湖。
IMG_2906

秋田側の発荷峠展望台より。


観光地化されている、遊覧船乗り場周辺。

遊覧船は双胴船です。
S_6707016573718


S_6707016413882


IMG_2932


十和田神社。
S_6707016916358


祭りをしていた。
IMG_2979-1


IMG_2936


IMG_2995-1

なんというか、「生きている昭和」って感じです。。。
個人的には好き。

名物のヒメマス。
S_6707016780968


消防車は山間部仕様。
IMG_2941-1


県境なので、青秋両側のお土産や食べ物が売っています。
S_6707017201167

きりたんぽを焼いてるところを撮らせていただいた。

この店お土産も売っているんですが、そこの写ルンですコーナーになんと。。。
S_6707017416178

やはり時が停まっていたようです。

もちろん買いました。(750円)


八甲田山といえば、旧日本軍の八甲田雪中行軍遭難事件で有名です。
IMG_3009

直立したまま仮死状態で発見された、後藤房之助伍長の像が建っています。
後ろは八甲田山。

足元には方位盤が付けられていました。


岩木山展望所。
IMG_3020

日が沈みかけており、はっきりと岩木山を望むことは出来ませんでした。


日を改めてもう一か所。

小牧野遺跡。
S_6707017768441

よくわかりませんが、環状列石です。
積み方が珍しいらしい。

膨らみは全部墓の跡です。
S_6707017957612



帰路につきます。

衝撃の事実。
S_6707018407723


空港内に生け簀。
S_6707018230505


IMG_3049-1


秋田辺りの山。
IMG_3068-1


秋田の出っ張りのところ。
IMG_3077-1


雲海。
S_6707018584345


IMG_3106-1


伊丹に帰って来ました。
IMG_3109


S_6707018716655




今回は以上です。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

では、また。





†保安検査に引っかかっていけ†
S_6707018492874

8月末に淡路島洲本市で一泊二日の合宿をしました!

一日目は海でのんびりと。
二日目は洲本市内を散策。


〜バス移動〜
快晴。窓から青い海が見えました。

車窓から_01



乗車したバス停ごとにわかれて昼食

どちらも「しらす丼」

三宮組
しらす丼


舞子組
しらす丼_02




ご飯の後に合流。いざ、海へ!

今回は13名が合宿に参加してくれました。

海_03


大浜海水浴場


スイカ_02


スイカ_03


スイカ_01


海水浴をしたり、スイカを食べたり、はしゃいで楽しかったです。

あとクラゲがいなくてよかった。砂が白く、浅瀬が広がっていたので泳ぎやすかったのも◎

バカンス




夜ご飯はレストランにて

サラダバー。もちろん淡路島の玉ねぎがありました。甘くておいしいです。

ディナー





今回、宿泊したホテルは長期滞在向けなので簡易キッチンがありました。

チキンラーメンを作ったり、サンドイッチを作ったり、シリアルなど様々な朝食スタイルがあって興味深いですね

サンドイッチすごくおいしかったです

チキンラーメン


サンドイッチ





二日目のお昼は洲本市内散策

洲本城跡という高台から街をみおろしたり
青い景色


おしゃれな雑貨をみたり
zakka


お茶で一休み
たねさん


「レトロこみち」と称して飲食店や雑貨がメインの商店街がありました。

どの店もかわいいです。

市内では高齢化や空き家が多くなっているそうで、町興しとして続いてほしい企画だなと思います。



明石海峡大橋


とても楽しい時間を過ごせました。淡路島いいですね(笑)
ただし二日間とも天気に恵まれとても暑くなりました。体調をくずす部員もいたので考慮するべきっだったと反省。
来年はこの反省をいかして合宿をしたいです。


最後にブログを書くのが遅くなりすみませんでした。ぼちぼいち書きます。
あと写真を提供してくれたみなさん、ありがとうございました。

(加賀)

↑このページのトップヘ